2016年9月25日日曜日

【撮影会】撮影会@京都

【イベント名】撮影会@京都
【開催日】2015/12/20
【場所】京都府京都市(スタジオサイトル)
【ドール】
蓮佳(SOOM iMda1.7 anne sleepy)
涼佳(Soul doll Clodia)
百合佳(PIPOS Ringo Mint skin)
佳名(Peak's Woods Tristan)
【コメント】ツイッターのフォロワーさんが主催された撮影会
初めて休日子を生で見ましたが、ぷくぷくで可愛いですね~!
1/6の子もいたりで、まったり楽しい撮影会でした




【撮影会】Doll Chateau & Doll Zone 合同撮影会@東京

【イベント名】DZ・DC合同撮影会@東京
【開催日】2015/11/22
【場所】東京都足立区(Studio Lumiere'k)
【ドール】
玲佳(Doll Chateau Austin)
藍佳(Doll Chateau Wanda)
瑠璃佳(Doll Zone Dale)
璃瑠佳(Doll Zone Wendy)
【コメント】ツイッターのフォロワーであるツノホネさんが主催してくださったものです
Doll ZoneとDoll Chateau、この2社のドールが一堂に会する、それも素敵なスタジオで、
こんな機会はめったにないと思い参加致しました
もっと長くかかると思っていたDCの子たちもちょうど来てくれて、服も作ってあげられましたし、撮影会の前々日に折れたハンドパーツの交換分も届きまして塗装もでき、タイミングに恵まれた撮影会でした
スタジオ広めで、このときは11人かな?集まりました






【撮影会】撮影会@京都


【イベント名】撮影会@京都
【開催日】2015/09/21
【場所】京都府京都市(スタジオトルテ)
【ドール】明佳(Blue Fairy TF May)
乃々佳(LINAchouchou Piyo)
佳紗(K-doll Keikei-black)
【コメント】ツイッターのフォロワーさんとの念願の撮影会
まともな撮影会はこれが初めてでしたが、3人と少人数でマイペースで撮影できて、いい撮影会でした





【イベント】Dear Mine交流会 in 大阪




【イベント名】Dear Mine交流会 in 大阪
【開催日】2015/07/04
【場所】大阪(スタジオ失念)
【コメント】
私が連れて行ったのはDLラインの限定Rachel
カメラにSDカードを入れ忘れるという漫画のような失敗をしました
おかげでほとんどの写真をスマホで撮影することに…
やはりピカソ人気ですね

Dear Mineの方が2人(一人は日本語が話せる方)、ソライロの方もお手伝いで来ていらっしゃったかな?
いろんなお話が聞けましたし、DMのいろんなドールが見れて充実した一日でした

余談ですが、スタジオの場所がわかりにくくて…!
マンションの一室なのですが、そもそもマンションの場所がわかりにくいという…
途中で参加者の方に会わなければ大阪の街をひたすらさまよい続けたでしょうね

2016年9月10日土曜日

【自作レジンアイ】レジンアイ作りの進捗(ちょっと進みました)

レジンアイ作り、今回の課題は「原形を何で作るか?」

※写真撮り忘れてたり、手がべたべたでカメラが持てなかったりで写真少ないです

前回の記事でエポキシパテとサーフェイサーを使用して原形を作ると書きましたが、その通りアマゾンで
・タミヤエポキシパテ 1045円
・タミヤサーフェイサー 391円
を購入しましたが、もう1つヤフオクで
・半球シリコンモールド450円くらい?
をゲットしました

いいモールドがないかずっと探してたんですが、ヤフオクは盲点でした
このモールドゲットでだいぶ原形作りが進んだ…ような気がします

手順としてはパテを混ぜてモールドに押し付け半球を作り、中央にくぼみをつける、なんですけど、エポキシパテって予想以上にベタベタするし、柔らかい!_:(´ཀ`」 ∠):_
迷った末に素手にニベアを塗りたくって作業しました(本来は手袋をして扱うものです)

後にぐぐったところ、このパテについて「混合直後は柔らかすぎるので細かい作業は30分~60分に行うほうがいい」と書いてあるサイトに遭遇
もっと早く知りたかった…!

結果として柔らか&べたべたすぎて、うまく成形ができず、綺麗な円ができませんでした
画像左はそれなりかな…右はいびつですね





硬化後、ばり部分を彫刻刀で削り、耐水紙やすり180→400→800→2000の順番に研磨し、サフを吹き、乾いたら再び800→2000で研磨
かなりつるつるになりました




それと同時に
樹脂粘土で成形してレジンでコーティング、研磨したらどうか?
と思いつき、それも作ることに
(このへんはyoutubeで樹脂粘土を扱う動画を見て思いつきました)

※このへん夜中の思いつき作業なので画像ありません

樹脂粘土をモールドに押し付け成形、くぼみをつけます
パテに比べ、かなり楽に作業ができました
粘土硬化後、クリアレジンでコーティング(手元にあるのがクリアレジンだけだったので/UVレジンのほうが作業は早く進むと思います)、レジン硬化後、耐水紙やすり8
00→2000の順に研磨、ネイル用トップコートを塗布

パテ+サフに比べたら、ちょっとざらざら感がありますが、それなりにつるっとしました






型取り用シリコンで型を取ります



接着が甘くてシリコン駄々漏れですが、まあ気にしない
出来たモールドに前回も使ったウェーブレジンキャストを流し込みます
離型剤を用意していたにも関わらず、使うのを忘れました…


いよいよレジンを取り外します

うーん…
まあ及第点かなというのはこの2点(両方共エポパテ原形です)

パテ原形の方はモールドも抜いたレジンもそれなりに綺麗なんですが、樹脂粘土の方はモールドがぼこぼこだったり、気泡が入っていたり、抜いたレジンもなんだかざらつきが…
 ↓は失敗したモールド



やはりパテで原形を作ったほうがいいようです

次の課題は「エポキシパテを綺麗に成形する」

2016年8月28日日曜日

【自作ドール服】18.初夏のピクニック




【No.】18
【タイトル】初夏のピクニック
【サイズ】TF
【制作時期】2016/08
【構成】
■JSK(綿ダンガリー/サテンリボン/綿レース)
■スタンドカラーブラウス(スラブローン/レース生地)
■アンダースカート(綿ローン/ナイロンレース/ソフトチュール)
【コメント】
タイトル通り5月か6月くらいには完成させてる予定だったお洋服
JSKは身頃にビーズ、ベルト部分には刺繍、スカートにはたくさん装飾を…と考えてベースを完成させたらすっかり飽きました
こういう形のJSKすっごく可愛いと思いませんか?私はその一心で作りました
肩の花柄リボンも本当に可愛いんですよ!
見つけたときは心が踊りました
フランス製の輸入リボンでちょっとお高かったため、あまり買えなかったんですが、他のお洋服にも使いたいですね

【設定】32.Crimson doll Rin SP edition



注文日=支払い完了日です

【No.】32.
【メーカー】Crimson doll
【種類】Rin SP edition (Normal skin)
【注文日/到着日】?→2015/12/24
【メイク】カスタマー様(mana様)
【アイ】14~16mm
【ウィッグ】21.3cm=8.39inch
【名前】燐佳(リンカ)

【設定】(考え中)

【コメント】BJDcollectaryの情報で知り、あまりにも好みだったが、新規メーカー・公式サイトやブログがない・代理店1店でしか販売していない・検索してもほとんど情報が出てこない…などの理由で悩むこと1時間。結局お迎え。購入した後、よくよく調べたらタオバオの販売ページと中国のSNSでの情報が出てきたので少し安心。中国のドールを個人で作っていらっしゃる方はタオバオでのみか代理店のみで販売してるパターンが多い、と思う。
ヘッド名がRinなので、リン→リン+カ

オーナーさん増えたら嬉しいなーということでちょっと詳しく書きます
利用した代理店はStacypinkocearn、中国のドールを扱う英語の代理店です
対応は特に問題なし、やりとりもスムーズ、発送は上海からで空港があるからか?日本までかなり早いです
ヘッドは口部分は完全に開いてて、歯パーツ(写真で使用)、舌パーツ(マグネット入)、口腔パーツ(マグネット入/舌パーツと組み合わせて使用)をパテで固定する感じです
ちょっとその調節が難しいかな
造形は女性よりかなと思うけどメイク次第で男子もなれるんじゃないかな、と思います